超深絞りの東立製作所tel:029-293-8744 fax:029-293-8745

(株)東立製作所では“絞り定義”を下記の表のように明確に定めています。
これは長さと直径の比率(L/D 比)を数値化することによって曖昧な絞り加工の範囲(範疇)を明確にしています。
最近では、新素材として注目される純チタンの超深絞りの加工も克服しており、
さらに深絞り加工技術を高めるため日夜研鑚に努めております。

絞り定義 L/D比 参考
絞り
10倍未満
絞り写真
sus D16.0×0.7t×L75.3 = 4.7倍
深絞り
10倍以上
20倍未満
深絞り写真
sus D17.4×0.2t×L210.0 = 12.07倍
超深絞り
20倍以上
超深絞り写真2
sus D2.0×0.1t×L40.0 = 20.0倍
超深絞り写真1
純チタン D7.0×0.4t×L143.0 = 20.43倍

底部から開口部までどの部分も内外径とも同じ寸法で、抜きテーパーはありません。

▲上に戻る